<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
COUNTER
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    ガリガリ (02/21)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    国際派 (02/14)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    大岩井 (02/07)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    キングダム (02/03)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    海のくまさん (01/27)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    ドライブ好き (01/15)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    チリチリ (01/10)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    まさーしー (01/02)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    ヒゲメタボ (12/27)
  • 夏フェス♪私が作るならこのバンド達を呼ぶわ!スペシャル♪
    しっかり者 (12/20)
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE

LinkShare アフィリエイト
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
HARD-Fiイチオシ!注目新人、DISTOPHIA!
くせになる不協和音!予測できない音展開!エキセントリックな歌声!2005年の締めは、DISTOPHIAを聴いて脳ミソかき乱されちゃってください♪




Nana ◇1, Children Know The Score  
思わずベッドの上で飛び跳ねたくなるようなテンションだだ上がりの一曲。とにかく一度聴いてみて下さい。秒殺されること必至です!
(余談:この曲を目覚ましにしたら、寝起きハイテンショングランプリで優勝すること間違いナシ!(笑))

Pinky ◇1, Children Know The Score
はじめっからとびっきりの勢いで襲ってくるね!けどこの曲、裏声とか寸ごく綺麗なんです。ごちゃごちゃっと(いい意味で)音楽が飛び交ってる中、中にあるメロディはとっても綺麗。だからそのギャップに余計やられてしまう。片手ではもてあそべない曲です!


Nana ◇2, Starvation Cove 初めはスローテンポな曲!?かと思いきや、突然加速する!加速する!表現力に富んだエキセントリックなボーカル!体中を駆け巡る、宙を浮く様なギターサウンド!それにかぶさるように、突如とどろきを増すドラ音!なかなかクセになります!

Pinky ◇2, Starvation Cove
ああ〜加速するね(笑)この曲はとっても自由なんだけど、やっぱり中にはきちんとしたメロディの線路があって、自由に速度を変えて走ってるんだ!ただこの蒸気機関車、めちゃくちゃ煙モコモコ出します(笑)美しい風景と、ものすごい猛獣がいる景色を車窓からお楽しみください!

Nana ◇3,Wolf In The Delivery Room  
気まぐれで、騒々しくって、歪んでて...とにかく大混乱なサウンドに、張り詰めてるようでどこか抜けた歌声&うるさいくらいに主張してくるバックボーカルが びっくりするほど調和してます(笑)!DISTOPHIAにかかれば、不協和音も協和音 !? になったような錯覚に陥るから、不・思・議!

Pinky ◇3,Wolf In The Delivery Room
おわっ!ギター(キラキラ☆)!とにかくこの曲の注目はギターにある。切れそうなギター音から、え?誰が、ハープ弾いてるの?みたいな綺麗なところも魅せてくれる。だけど、最後の演奏が恐ろしい(笑)えーと宇宙空間に入ります(笑)半脱力系な歌い方としっかり系歌い方と裏声と使い分けながらこの曲にベストマッチさせるヴォーカルも魅了!

Nana と Pinkyが紹介した3曲はこちらでフル試聴ができます。
http://www.myspace.com/distophia

とりあえず、PVだっ!

Children Know The Score


| Artist Recommends | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Suzy and Los Quattro が日本ファンにメッセージ♪
PBPメンバーのSatomiちゃん宛てにスージィアンドロスクアトロのメンバーのBBさんから日本のファンへメッセージをお預かりしました!






OHAIO/KONICHIWA/KOMBAMWA

僕らの日本の友達みんなへ!!



僕はSuzy & Los QuattroのBBだよ!君にメッセージを送る為に機会をつくってもらったんだ。

今回の僕らSuzy & Los Quattroの初めてのtourへのサポートをありがとおおおお, DOMO ARIGATTO。

全てがと〜っても良かったから僕らはそれがホントだったなんて信じることが出来なかったんだ。そして、君達はいつもと〜ってもあったかくって、ワイルドだけど礼儀正しくって、君たちは僕らの人生の中で一番のオーディエンスだよ。僕らを自分たちの家にいる様な気分にしてくれたし、全てのライブが僕らにとって驚きの連続だったんだ。みんな僕らのshowを楽しんでくれたと願ってるよ。そして、今言えることは、僕らは来年また日本に戻ってくる!!ってことと、ニューアルバムをリリースするだろうってことだよ。僕らは東京で4曲レコーディングしたんだ。それ、Wizzard In Vinyl(レコード会社)から近々リリースされると思うよ。だから、彼ら(Wizzard In Vinyl)のサイトも引き続きチェックしてね! そしてヘイ!!僕らは君達からのメッセージを貰うのがほんと〜に好きなんだ!!僕らはいつでも君のメッセージに返事を書くよ!これがさよならじゃないよ。ただMATTA-NE!ってだけさ!


おお!BBさん、ちなみにpinky,「Wizzard In Vinyl」様の一ストリートスタッフになりました。よろしく!!現地にて挨拶できたらとっても嬉しいです!ニューアルバム期待してます!パワーで圧倒させてください!是非!

Official HP(キュートなSuzyの写真満載!)

http://www.suzyandlosquattro.com/



My Space(『Lipstick To Japan』を始め、4曲視聴できます!)

http://www.myspace.com/suzyandlosquattro


WIZZARD IN VINYL (同じく日本のレコード会社。)

http://www.wizzard-in-vinyl.com/


 COPYRIGHT (C) 2005 PUNK BUT PUNK ALL RIGHTS RESERVED 
本サイトは商業目的ではありません。記事に関してはあくまでボランティアというカタチでお答えいただいています。しかしアーティスト本人のコメント、インタビュー内容に関しては無断転用を禁じます。[PUNK BUT PUNK Staff]


| Artist Recommends | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
Junior Seniorへ12月の寒さふっ飛ばすようなhotな文を送ろう
ついに★Snake Pillow★ S11.22.2005 復活!

I come back to there!!




すいません・・・10月から放置プレイでした。(管理人失格)
なんかもうJunior Senior来日まであと13日なのです!!きゃあああ〜!!(すんげ焦)なんも用意してないです。私。てへ。(ぺコちゃんの舌だしをImage参照)チケットだけはなんとか手中にありますが・・・BTW、前々から暖めていた企画を告知しちゃいます!!

題して・・・



Junior Seniorへ12月の寒さふっ飛ばすようなhotな文を送ろう!!


HP:http://www.geocities.jp/snakepillow/frame.html

わ!ネーミングセンス悪くてすいません。汗。なんでこんな企画を発足したかは・・・ワタクシJunior Seniorが来日した際は必ずLetterを渡すのですが・・・Summer Sonicの時は、それ+(プラス)"Junior Senior Book"というものを添えて渡したのが始まりです。これには簡単に言えば、今までのJS達が掲載された雑誌、フライヤーなどあらとあらゆるJSをペタペタと貼り付けたものです。そして、JS Fanからのメッセージも!・・・けれども、その時は私の知り合いの方、周りでJS Fanがいなかったので・・・結果、私と友達Rだけ参加でした。(苦笑)なので、かなり寂しいファンメッセージでした。けれども、彼らはそんな"Junior Senior Book"を喜んでくれた様でして・・・マネ様いわく//食事の席で、みんなに回した様です。(もしかして・・・一緒に食事していたIma Robotも見た可能性大!!倒。)そして、すんごくページが余ったのでMemoのページも作ってたのですが・・・それを見て、すんごくJesperさんは『何をかこっかな〜?』と首をひねてたらしいです。:-D(ぷっ。)

で!!!!
是非とも今度の来日の際は多くのJS Fanに参加してほしいいいいいいいいと思ってたのです。是非、是非、一緒にJS guysをあっと言わせましょう!!今回のtourに参加する方も都合がつかず泣く泣く今回のtourを諦めた方も是非参加して下さい!!Jeppeが持っているSmileバッチくらいに笑顔にさせましょう!!
*期限:12.04.2005
*コチラにMessageを送って下さい!!それか、BBSでも構いません!
*できれば、英文でお願いします!けれども、日本語でもOkay!頑張って管理人が訳します!!
*あと貴女様が激写したJunior Seniorの写真(もち、2shot大歓迎!!)やフライヤーなども募集しています!!JS BOOKをイカスものにするのは貴女です!!

HP:http://www.geocities.jp/snakepillow/frame.html







| Artist Recommends | 13:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
美しく・ポップで・カッコヨク・ロックだ!Artist :「Shiny Toy Guns」
ごめんなさぃ。スージーアンドロスクアトロの特集前に、パワーポップ、それだけではない独特の惹かれる要素を持ったバンドを見つけてしまったので、ご紹介しよう。ちなみにトラバに入れたMUSIC FOREST様、早いっ!!先を越された(笑)
彼らの名前は Shiny Toy Guns。



Myspace!!にて[Shiny Toy Guns]さん達のページを発見!!すぐ曲を聴きたい皆様!↓彼らのマイスペにすぐいくべし!!

http://www.myspace.com/shinytoyguns





[Shiny Toy Guns]


[MEMBER 紹介]

◇Carah faye (vo)


◇Gregori chad (vo/g)


◇Jeremy dawson (synths)


◇mike martin (dr)




男3人、女1人編成!!
上の曲聴いて、なんじゃ〜こりゃ!!CD欲しい!!!なぁ〜んて思っちゃった方!朗報です!今までの出ている曲は無料でダウンロードできちゃいます!!凄いホント!彼ら曰く、歌は武器!だそうで、公式サイトのう”WEAPON”というコーナーからすべて曲をダウンロードできちゃいます!!(1曲まるごとじゃないみたいだけど)
コチラ→http://www.shinytoyguns.com/weapons/
このHPはなんだか特殊(笑)しかも"LIVES"コーナーでLIVE PERFORMANCES
見てくださいよ!!この人たち・・・毎日イベントやってる!!(笑)しかも$5〜!!!うひゃ〜〜、なんで俺、日本にいるわけ?といまさら疑問だよ(苦笑)なんだよ〜、日本だと最低でもその9倍はかかるぞ!!!しかも毎日って。。。あぁぁぁ〜。。。

[VIDEO 紹介]
はぃはぃ、落ち着いて、俺。(笑)
実際、これ男性喜ぶPVなんだけどな、ここって男子見に来るの?(爆笑)
はぃ!みなさん、黒いタイツのヴォーカルの女の子にメロメロになりましょう。黒い網タイツ持ってる女の子は勇気があったら、鏡の前でどっちがセクシーか対向してみましょう(嘘。

SHINY TOY GUNS :// LE DISKO:
http://www.ab5trax.com/ledisko.html
↑ちなみにここのサイトはPV専門サイトみたいですね!他におもしろいPV、見たかったPVが見つかるかも!です!


凄い!!いいね!!と思った方!コメントくださいね〜♪

| Artist Recommends | 13:38 | comments(5) | trackbacks(1) |
Her space holiday
気になっているバンドをどんどん紹介していきましょう♪



〜HER SPACE HOLIDAY〜

サンフランシスコをベースに、Indian Summer、Calm、Mohinderなどのハードコア・バンドで活動していたMarc Bianchiが、1996年からスタートさせたソロ・ユニット。12"やスプリット・シングルなど数々のリリースを経て、NYのレーベル『Tiger Style』と契約、2000年に3rdアルバム『Home Is Where You Hang Yourself』をリリース。同時にUKのWichitaとも契約し、イギリス、ヨーロッパにも進出する。2001年、4thアルバム『Manic Expressive』をリリース。彼の最大の特徴である夢見心地なメロディーはそのままに、オーケストレーションエレクトロニカ・テイストを大胆に導入したサウンドは、ベッドルームを抜け出し、RadioheadやBjorkにも通じる壮大な世界観を獲得することに成功し絶賛を浴びる。2003年、テキサスのオースティンへ引っ越すとともに、Tiger Styleを離れ、アンダーグラウンド・ヒップホップ系のレーベル『Mush』に移籍し、5thアルバム『the young machines』をリリース。前作で確立したサウンド・プロダクションを妙が更に飛躍を遂げ、ゆったりとしたエレクトロニカ〜ヒップホップ的グルーヴを身に纏ったその唄心は、よりダイレクトに快感中枢を刺激する傑作となる。2004年秋には豪華面子が参加予定のREMIX ALBUMも企画され、ますます注目を集める中、2004年6月、遂に初来日ツアーが実現。来日記念盤として、旧作を2枚同時にリイシューする。(資料提供:& records)




とにかく、知的な感じがする人!それが第一印象。


○アルバム


なんだか、ジャケットもアートな感じやね!曲はロッキン10月号付録にも入っていたんでけっこう有名になりましたね。あまり、ハッとしない曲が入っていたんですが、奥深く調べていくと、彼はかなり音楽の才能があるようです。

とりあえず、調べ疲れたからここまで(笑)

後日、CDレビューしてみます!それまで!お楽しみに!
| Artist Recommends | 01:25 | comments(1) | trackbacks(0) |
The Raveonettes [ GHB vo.1]
ちょっと1stのジャケから気になってはいたんだよ。。レヴォネッツ♪




なんだこのアメリカンなジャケは!?ってね。かといって彼らの出身は実は、デンマーク。音楽はクランプス直系のノイジーなガレージ・サウンドとジーザス・アンド・メリー・チェインを彷彿させるダーク・サイケデリアによる3コード・ソング。との事。03年4月にリリースされたミニ・アルバム『ウィップ・イット・オン』は全曲B♭マイナーのみで演奏され、「爆音モノラル録音」による新世紀のウォール・オブ・サウンドを体現。同年7月には待望のデビュー・アルバム『チェイン・ギャング・オブ・ラヴ』を発表。こちらは、全曲B♭メジャーでレコーディングされ、ポップ感を押し出した作品となった。 とのこと。

個人的な感想は、好き。(←感想じゃないな(笑))とにかくかっこいい。”Attack Of The Ghost Riders”のPVを見てれば映画を見てるようだし。昔風な音楽でありつつも、なんだかかっこいいんです。

□MEMBER

メンバーは、ストーン・ローズ・ワグナー(vo&g)とシャリン・フー(vo&b)による男女ユニット。

□CDS

Pretty in Black
Pretty in Black
The Raveonettes

チェイン・ギャング・オヴ・ラヴ
チェイン・ギャング・オヴ・ラヴ
ザ・レヴォネッツ

えと、アルバムは通算2枚出ています。
しかもこれらのアルバムの曲すべてコチラのオフィシャルのthe Tunesで聴けます!素晴らしい♪PVも見れます♪素晴らしい♪ちなみに一つオススメセレクトをPV左側に載せました♪

とくに今、注目されているといえば、そうでもないですけど、ナシダさん通信でライブがあったよとの話が出まして、調べたら興味深かったので、取り上げてみました♪頭の中に入れておいても損はないと思いますよ♪


| Artist Recommends | 23:20 | comments(7) | trackbacks(0) |
「OK GO」 ハッピーPOPロック特集

8月24日、OKGOのウワサのアルバム「OH NO」が日本先行発売されました。
2ndアルバム「OH NO」の全曲紹介はコチラ

あのカイザーチーフスとのツアーも終えて、ようやく新作発売だ〜!!
即買い、即聞き☆さっそく総力特集です!
バンド結成のエピソードから、話題の「“A MILLION WAYS”DANCE」の実態までこれを読めばOKGO基礎知識はカンペキ!
Hime、この夏最後にして最強PUSHなこのバンド!HAPPY満載☆元気になれること確実のPOWER POPをご堪能ください♪



仲良し4人組OK Goは99年にシカゴで結成。11歳の時にサマー・キャンプで知り合ったダミアン(Vo)とティム(BASS)が「折りたたみ式の椅子をドラム代わりに使っていたというThe Greased Ferretsという名のバンドがルーツ。」高校に入った二人はアンディ(前guiter,現在は新アンディ(通称ラスティ))と出会い、大学でダン(Dr)と知り合い、「いつか一緒にバンドをやろう!」という夢がやっと実現にこぎつけたのが99年だったのこと。





ダミアン→ めちゃおしゃべりな長身、ハンサムなフロントマン、ダミアン氏。ある雑誌(JANE)で「脱がせてみたい男10人」?のうちに選ばれて脱いでしまっておりました。。衝撃の写真を見たい方はコチラ→http://okgo.exblog.jp/ 現在雑誌「INROCK」で「合言葉はOK GO part2」でコラム連載中(笑)必見爆笑コメント多数!

Tim→BASSなのにフロントマンのごときダンスを見せるTIM氏のメガネパフォーマンス“A MILLION WAYS”DANCE。OKGOといえば「コレ!」という地位を確立しつつあるこのダンス。やはりTIM氏がいないと成り立ちません(笑)腰のふりが絶妙!コレ見なければOKGOは語れません!→詳しくは下の特集へ。

Dan→いまだ謎のままのドラマーDAN氏。例のダンスではかなりゆるいダンスを披露しております。しかし、この方。絶対いい人そう(笑)このお写真もとてもダンディ♪


鳥 「ロック・ミュージックのパワーは決して陳腐なものじゃない。本当に楽しくて人をワクワクさせるものなんだ」!!! byダミアン。





彼らの曲は巧みに作られていて、ところどころがインディ・ロック調であり、部分的には大物ロック・バンドのようなサウンドであり、時にはピクシーズやザ・カーズ、エリオット・スミスのような匂いをかもし出すストレートなポップ・サウンドである。彼らのメッセージを解釈してみると「ロックンロールというものは、ネガティブな意識を持ったり、何かにおもねるのではなくて、誰でもが楽しんでいい音楽なんだ」ということを改めて意識させられる。だから、彼らのパフォーマンスを見ると、さまざまな年齢層の人が虜になってしまうのだと思う。とにかく陽気で、愉快で、若々しく、ロックンロール魂に満ちていて、賢さを決してひけらかさない純粋にポップ好きなバンド。それがOK Goなのだ
(03年来日時のバンド紹介コメントより)



聞き耳を立てるOKGOを語る上で、かかせなくなりつつあるこの謎ダンス。たかがダンスとあなどるなかれ!2ndアルバムからの名トラック“A MILLION WAYS”にメンバー全員が振り付けしてダンスをしてしまうという驚愕のパワーポップ。
このおばかぶりにOKGOにハマッてしまう人続出してます!要チェックです!!


”A MILLION WAYS”DANCE


曲全体・またはダンスをマスターしたい方(笑)は
コチラ→http://www.okgo.net/index.aspx

でもって、最も衝撃なのがこのダンスをなんとライブ中もご披露するらしい??!!
そんなウワサを聞いてさっそく情報リサーチ。。。驚いたことにほんとに、踊ってます。
楽器そっちのけです。(爆笑)


猫 プィップィッてみんなでジャンプ!


拍手 みんなでピストル構えて小刻みバタバタ足で廻ります♪


バッド 手を十字に胸にバチッとみんなでウェーブ♪


こんなゴキゲンなバンドをほっといていいわけがない!!!(笑)
しかもこのダンスをカイザーチーフスのライブ前に披露してるその度胸(笑)(3枚目の写真のドラムセットに注目!カイザードラムですね。)
そんなわけで。OKGOは今後化ける可能性アリとみました!!(若干希望も含め)

そんなわけで!8月24日発売の新アルバム「OH NO」(なんだそりゃなタイトル(笑))期待度大です!
即買い☆速攻レビュー☆やるんで乞うご期待!



| Artist Recommends | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) |